このサイトではクレジットカードを作りたい方のためのクレジットカード情報総合サイトです。

ビギナーの方だけでなく、クレジットカードの申請にわずか不安を感じている方、学生の方など色々なカテゴリーの方に専門的な観点から紹介してありますので、絶対お役に立つ情報ばかりです。

クレジットカードの選び方

出費を助けるためのクレジットカードと言う意味合いでチョイスすると「年会費永年無料」は外せません。

支出をかける事が悪い事とは言いませんが、年会費永年無料のクレジットカードがあるのに特別に有料のものを持つのは、よほどステイタス性を優先やりたい方以外にはおすすめできないのです。

大手か中小か

第二に推奨なのが、クレジットカードの発行法人でどのカードを選ぶかを決める事。

日本だけでも100社以上のカード法人がクレジットカードを発行しているので、どの会社を選定するかだけでもクレジットカードの比較が出来ます。

普通には大手クレジットカード法人であろうが中小クレジットカード法人であろうが買い物における使いやすさには相違はないのですが、帰するところセキュリティ面での確かを重視するとか、仮にの時のバックアップシステムが気になるという方は巨大資本を選ぶほうが無難です。

反面、巨大資本のクレジットカード会社にはクレジットカードそのものの魅力が乏しい場合が多くなっています。

要因は単純で、巨大資本には信用力と認知度があるので、そんなにもサービスを強化しなくても勝手に使用者が集まるためですね。

その点、中小のクレジットカード法人のほうがキーポイントが溜まりやすかったり、年会費フリーのクレジットカードを積極的に発行していたりと多彩なチャームポイントがあります。

まぁそういう強みを持たないとカード使用者を集められない…というのが実情でしょう。

ポイントの利用しやすさ

そして優先したいのが「ポイントの利用しやすさ」です。

日常の調達時にお金をして使った方が無意味なコストを抑えながら、懐具合を助ける事につながるのです。

Tポイントやnanaco、pontaなど普段の調達時に見所が有用ものを推奨します。

理由を言えば、ポイントの操作感が悪いと無理やり必要のないアイテムとチェンジして余計な購入をしてしまうケースが少なくないからです。

イメージ

主カードは、日常的に使用するカードですから、自己表現の商品的な意味合いを帯びています。

ですから、カードクラスやカードフェイスなどカード印象が自身にマッチするか如何にかは、ポイント還元率やカード年会費の高低という数字的な要素以上に大切であるといえます。

ですから、やはり新しくカードを作っても、何か自身にしっくり来ないという事になると、結局利用機会も少なくなって、カード所有枚数をいたずらに増やすだけになりかねません。

国内旅行傷害保険・外国旅行傷害保険

クレジットカードについている代表的な付帯サービスとして真っ先にあげられるのが、国内旅行傷害保険・外国旅行傷害保険。

これには「自動付帯」と「?用付帯」があり、「自動付帯」のケースはそのクレジットカードを持っていれば、要件を満たした事例に補償を受けられますが、「?用付帯」の時は、旅?における旅費交通費の局所等を対象のクレジットカードで支払う事で補償を受ける事ができます。

買い物保険

「買い物保険」はクレジットカードで購買した品物の欠け・盗難などの損害を調達日より90日間補償してくれるものです。

加えて、「イベントが手厚い」事に越した事はないのです。

旅行保険などよりも登場する機会が多々ある保険と言えます。

年会費永年フリーであればイベントの特典だけもらって、1年間使ってみてあまり良くなければ他のクレジットカードに乗り換えるという形の活用も推奨の応用法と言えます。

万人におすすめのクレジットカード

楽天カード

個人的に実際、イチ押しクレジットカードは楽天カードです。

JCSIリサーチで8年連続クレジットカード部門のユーザー喜び度一位。楽天市場で一度でも購入するなら必携のカード。

還元率は常にどこでも常時1%、楽天市場でポイント最大7倍も狙える楽天市場のスーパーポイントアッププログラムも始まりました!エントリーしてエントリー後に活用するだけで、5000見所がもらえるイベントも無視出来ません。

その高評価は衰え知らずです。

ちなみに、最近話題の格安SIMに乗り換える場合、楽天カード×楽天モバイルの組み合わせで契約すると効率よくポイントを貯めることができます。

▼楽天モバイルの詳細

エポスカード

丸井デパート系のクレジットカードであるエポスカードですが、本当は丸井が近くにないという方にも自信を持って推奨可能な1枚です。

その所以はエポスカード固有の割引ルールがあるため。

例を挙げるとカラオケのビッグエコーやSHIDAXでこのクレジットカードを提示すると30%オフになったり、ファミレスのロイヤルホストで食事代が10%オフになったりするなどの優待割引があるので、エポスカードを持っている事が重要になってくるのですね。

アメリカン・エキスプレス

30代以上のに推奨したいカードが、アメリカン・エキスプレス社のゴールドカード。

昔はこのクレジットカード持っている人は金持ちという印象があったクレジットカードですが、実際では一般的な社会人の方であれば取得は手に負えなくはないのです。

『ちょっとアダルトっぽいクレジットカードが望むな』と思う方はどうぞ、この機会にアメックスゴールドを申込をしてみてください。

旅行系のバックアップだけでなく、大人デート演出などにも向いていますよ。

サービスの中身は大いに手厚く、それでいて周囲からの評価も高いこのクレジットカードは、ステータスカードの手解きカードとも言えるカードです。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードは日本で初めてVISAカードを発行した老舗。オンラインからのエントリーで初年度年会費フリー。翌年度も手軽ににフリーや半額にする事もできます。

信用と心配無用のブランドで多くの方に愛されているスタンダードなカードです。

ゴールドカードも初年度年会費フリーです。

年会費とポイント還元率がいいクレジットカード

P-oneWiz

年会費フリーで最も省コスト化影響が高い推奨のカードは、P-oneWizです。

年会費フリーのカードの中では最も安上がりなカードなので、節減する事を腹積もりたら、必ずに利用したいカードですよ!なお、加入から6ヶ月間は、ポイントが3倍貯まりますので、一時的にとはいえ還元率を約2.5%にできます。

とはいえ、カード到着後にオンライン上から一括払いに調整する事もできますよ。

当てはめると、還元率が約1.5%のクレジットカードになります。

10000円の買い物をしたら、約250円分の値引きとポイント付与がある仕組みです。

いつもセールで買っているような感覚になりますよ!ただ、P-oneWizリボ払いでの申込になります。

無条件で請求額から1%値引きになり、そこから他にもT着眼点も0.5%の還元率で貯まるという二重の趣旨で安上がりなんですよね。

リクルートカード

リクルートカードではリクルートポイントが貯まります。毎月の利用額合計の1.2%分が付与されかなり綿密にポイントが貯まり、無駄にならずにパフォーマンス的に貯められます。

じゃらん、ホットペッパーグルメ、ポンパレモール、ポンパレ、ホットペッパービューティーなどのリクルートのサービスで利用できます。

かなり良心的な仕組みです。活用1回毎に小数点が切り捨てられるわけではないのです。

これだと今ひとつですが、リクルート秘訣はPontaポイントと互いに交換が可能です。

Pontaポイントはローソン、昭和シェル石油、ケンタッキー、大戸屋、GEOなどで1キーポイント1円で機能面で優れたので利便性が高いです。

100ポイント毎にチェンジできます。

Yahoo!JAPANカード

いつもからTポイントを貯めている・使っているのであれば、Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)がベストチョイス。

年会費フリーで持てるカードなのにも関わらず、カード活用額にそれに対し還元率1%でTポイントを貯められます。

10000円使えば、100円分のTポイントが貯まる仕組みですね。

さらに、クレジットカードとして使わなくても、T着眼点カード代わりにもできます。

Tポイントが貯まる店舗なら、カード決済しなくても、クレカ提示だけでTキーポイントが貯められますよ。

即日発行できるおすすめのクレジットカード

お店などを持っていてその場でカード発行が可能なクレジットカードに限られるのです。

即日発行ができるクレジットカードというのは圧倒的に少ないのです。

理由を言えば、普通は査定が即日できたとしてもクレジットカードの発送に少なくとも2営業日ほどかかってしまうからです。

それにより、即日発行可能なクレジットカードには選択の余地が豊富にないのです。

直ちにに必須な活用目的が終わったらサブカードとして使用し、普段活用する主要カードは別のスペックの良いクレジットカードをチョイスする事をベストチョイスします。

即日発行可能なクレジットカードは数が少ない為、普段的に利用するのにはスペックが弱い確率があります。

ポイント還元率などが低いものが少なくないのです。

MUJIゴールド

MUFGカードゴールドは年会費1905円(税別)と格安にも関わらず、国内6空港とホノルル空港ラウンジがフリーで使用できたり、外国旅行保険が自動付帯するなど、ゴールドカードにふさわしいサービス内容です。

最短翌営業日、JCBブランドは最短2営業日に発行可能です。

前日の夜にWEBでエントリーを完了させておけば前提は達成できますがただしキャッシング枠使用希望のときは、最短翌営業日の発行は持て余すですよ。

しかも銀聯カード(中国では必要)も付け足し発行ができるです。MUFG銀聯カードを外国で活用すれば元ポイントが普通の2倍つきますよ。

国内渡航便遅延保険も付帯するので、LCC(格安航空会社)をよく活用する方にも推奨ですね。

ANAポイントがたまるおすすめのクレジットカード

ANAをよく使用するのであれば、絶対ANAカードを持っておきたいところです。

年会費を安価にするのであれば、ANAVISAカードがベストチョイス。東京メトロをいつもから使っているのなら、ソラチカカードもおすすめ。

ゴールドカードになっても、年会費1万円以内に可能な手法もあるので、よく飛行機を使用するのであれば、十分に年会費の元が取れますよ。

おすすめのETCカード

ETCカードは目的は高速道路などの通行料金を支払うETCレーンを活用する事です。

仮に年会費有料の主カードを持っていて、ETCカードの年会費や発行手数料が有料のケースは、ETCカードように年会費永年フリーのクレジットカードを別でつくれば良いだけです。

この目的をやり抜くするためにわざわざETCカードの年会費が有料のクレジットカード、ETCカードの発行手数料が有料のクレジットカード、ETCカードの父母カードの年会費が有料のクレジットカードを選定することは必須ではないのです。

出光カード

他にも出光のガソリンスタンドであればどんなときでも会員代金からガソリン・軽油が2円/L割引、灯油が1円/L割引になります。

出光カードまいど添加は、前述した要件に当てはまります。

ETCカードの年会費がフリー、両親カードの年会費も永年フリーです。オプションでロードサービスもつけられる良いところがあるのです。