知らないと審査に落ちる?クレジットヒストリーとは

クレジットヒストリーという言葉があります。日本語では『信用情報』と言います。

これは、年収・ホーム・勤務先・クレジットの決済・公共料金等の支払いなどの個人情報のことです。

これは、クレジットカードを生み出す際の審査に通るための、大切なポイントとなっています。

『クレジットヒストリー』は、クレジットカードの審査に大きな影響と与えています。

その中身によっては、審査が通らないという事態になってきます。

この情報が間違って伝えられているという事例もあります。

そもそも『クレジットヒストリー』とはどの様なものなのか、なるべく理解いただけやすく説明をしていきます。

『クレジットヒストリー』は4つのグループに分類可能

『クレジットヒストリー』は、以下のとおり4つのグループに分類する事ができます。

これらの中身は、『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』・『株式会社シー・アイ・シー(CIC)』・『株式会社日本信用情報機構(JICC)』の個人についての信用情報機関や会員会社によって差異があります。

個人を特定するための情報契約に係る情報加盟企業による当該信用情報の使用履歴本人申告情報・その他情報ちなみに、本項以降の中身には、以下の参照元の中身が内蔵されています。

参照元:信用情報-Wikipedia

『個人を特定するための情報』は細かく分けて7つある

『個人を特定するための情報』というのは、要は「貴女は一体誰なのか」という「素性」を明らかにするという事です。

クレジットカードを作るということは、融資の対象者であるあなたを信頼できなければいけません。

融資先を明確させ、問題なく返済がされる事を前提としますので、この情報は基本中の基本で、最も大事なものです。

『個人を特定するための情報』は、以下のとおり細かく分けると7つあります。

これらは、クレジットカード申請時に、申込書に記入しなければならない最小限の個人情報です。

カード企業やカード種類によって、性別やEメールアドレスを付け足ししたり、主婦のケースは配偶者の情報、学生のケースは学校の情報などが勤務先情報に代わります。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 家電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号

『契約に係る情報』は綿密に区分して5つある

『契約に係る情報』というのは、クレジットカードで融資する中身と、返金アビリティーを決断するための情報です。

特に償還に関しては、融資をする以上は絶対不可欠なものですので、その能力を間違って把握してしまっては元も子も有りません。

そのため、この情報は専門の信用情報機関によって取り扱ってもらっています。

『契約に係る情報』は、以下のとおり詳細に分けると5つあります。

カッコ内はその情報を扱う信用情報機構を表わします。もちろんのことながらこの内容は、信用情報組織や会員法人によって異なる点があります。

  • 登録法人名・契約日・値段・形態・償還回数などの契約中身についての情報
  • 長期間に及ぶ延滞・代位弁済・債務片付け・手形等の不渡の生じてなどの事故・異動情報(CIC)
  • 残高・該当月の支払・入金状況などの償還状況についての情報
  • キャッシング残高などの金融情報(CIC・JICC)
  • 年間支払見込額・割賦ところの支払状況などの割賦情報(CIC)

『信用情報の使用履歴』の登録は6ヶ月

『加盟企業による当該信用情報の使用履歴』は、6ヶ月間登録されています。

新規にクレジットカードを申請すると、これらの情報が見極めされ、審査のポイントとされるのです。これは、審査が通って契約が成された後であっても、必須が生じる都度見極めされることとなります。

『本人申告情報・それ以外情報』は5年以内登録と抹消が可能

『本人申告情報・他に情報』には、5年以内の間登録でき、任意で登録抹消する事が可能なものがあります。

以下に主なものを示しますが、詳しくは契約する場合に渡される『個人信用情報の使用について』などの書類か、各個人信用情報機構のオンラインの手引きを見定めする必要があります。

本人見極め書類の紛失(5年以内の登録・抹消可)与信自粛(5年以内の登録・抹消可)事故現れて等による取引の打ち切り破産審査が通らないきっかけは償還器量に問題があるためクレジットカードの審査が通らないきっかけには、以下のようなものがあります。

一通り自己責務によるもので、償還に問題があるというものです。

クレジットカードを作成しようとき、審査が通らないきっかけの全部が、償還才能に問題がある時なのです。

  • 過去に本人都合による支払遅延歴がある。
  • 過去に代位弁済歴がある。
  • 現契約で数ヶ月の決済遅延がある。
  • 携帯電話などを分割払いで購買した後、電話料金を3ヶ月滞納している。
  • 現契約で複何回かの決済遅延がある。
  • 債務整理を行なわず、借り逃げ様子が決着されていない。
  • 支出者金融(無担保借入)の記録の借入額が、申告年収と比較して多々ある。
  • 直近3ヶ月〜1年程の間に、いくつかの融資申請を行なっている。
  • 他社に過剰な借り入れ件数・価格がある。
  • 中高年以上なのにクレジットヒストリーがない。

審査が通らないきっかけには間違った情報によるものもある

用心しなければいけないのは、信用情報が間違っているケースもあるという事です。

自分の『クレジットヒストリー』になんら不都合な点は無いのに、なぜか審査を通らないという時、登録されている信用情報が間違っている可能性があります。

以下の2つの要因が考えられるのです。

  • 同姓同名(同じ読みを含む)の他人の情報を参照される。
  • 間違った信用情報で決断されている。

支払い状況が悪いと審査は通りにくい

言わずもがなの事ですが、受けた融資を返済する場合、期日に間に合わなかったとか、代位弁済歴があるなど、自身で償還できていない事実があれば、これは明らかに償還実力に問題がある判断されてしまいます。

借り逃げ状態のままなど、もってのほかです。

その上、人間誰しも水準を満たすまでの年になると、何らかの大きな調達などで、分割払いの経験はするものと考えます。

大抵はこの時、分割払いの事実が『クレジットヒストリー』として記録に残ります。

これが、中高年になっても『クレジットヒストリー』が無いという人は、お金を借りて返済した事が無いという事になり、その人の信用度はかえって下がってしまうのです。

その信用情報が疑われるという事になります。

お金を貸す方としては、なるべくリスクは犯したくはないので、このような人にそれに対しも警戒しているのです。

間違った信用情報とは

信用情報が間違っているとは、一体どのようなことなのでしょうか。

稀にではありますが、同姓同名の別人の『クレジットヒストリー』が参照されてしまう事例があります。

その情報が返金能力に問題の無いものであればいいのですが、そうでないとあなたに問題ありと判断され、審査を通らなくなってしまいます。

そもそも、貴方自分の信頼情報が間違っているというものがあります。

一例を挙げれば、結婚などで姓が異なるというポイントに、クレジットカードの名義手直し日と返金日が前後し、期日までに返金されたという記録にならない、などということも起こり得るのです。

或いは、単純に信用情報機構での情報の登録ミスということもあるでしょう。

名義調整などの場合は、信用情報の登録の間違いが起こりそうである事がわかりますので、絶対償還先への検証を取っておきましょう。

中には明確と間違いの無い事を言ってくれない担当者もおりますので、信用情報の登録に間違いが無いという言質が取れるまで、担当者だけでなくその上司まで確認を取っておく必須があります。

間違った情報を質問・訂正する手法

普通は、申請時の必須書類により、本人の情報であるのがもちろんですが、場合を見ては別に登録されている他人の情報を間違って適用したり、そもそも登録された個人情報に誤りがあり、審査が通らないという事例もある事を解説しました。

自分の『クレジットヒストリー』に問題が無いのに、なぜかいつも審査が通らないという人は、この誤審が考慮しられます。

誤審に関しては、間違った個人情報或いは他人の情報が採用されている理由の質問要請、及び間違った個人情報の訂正をする事ができます。

信用情報機構には、「本人開示制度」という信用情報の登録状況を検証可能な制度があります。

各信用情報機構の窓口か配送で情報開示を申し込む事ができます。

但し、手数料として500円がかかります。

なお、発送のケースは、発送料金の500円もかかります。

良質な『クレジットヒストリー』を築き上げる事が大事

以上、『クレジットヒストリー』についてみてきましたが、ベースは帰するところ「身の丈にあった融資を受け、無理な償還計画を立てない」という事に尽きるでしょう。

人間何事も、分相応にしておく事が不可欠なのです。

ただ、誰しも過ちは犯すもので、クレジットカード発行会社・信用情報機構も特例ではないのです。

間違った信用情報が使われているという場合は、きっちりとチェック・訂正を行い、良質な『クレジットヒストリー』を築き上げていくようにしましょう。