審査なしで作成できるクレジットカード

「査定なし」のクレジットカードがあると言うと、皆様感銘しますよね。

実のところのところ、そのような事があるのかと疑った方も多々ある事でしょう。

理由を言えば、クレジットカードを持つためには査定がある、これは誰もが知っている事だからです。

そのせいで、クレジットカードを持ちたくても持てないという経験をされた方も、実のところにいらっしゃるかもしれません。

ただし、高価の調達をする時は、現金を持ち歩くよりカード払いができた方がいいのに、と思う事もあります。

外国に行く機会がある方ならなおさらそう考えますよね。外国に多額の現金を持って行く事はリスキーなので、かくの如き時こそクレジットカードの出番です。

そう思って申し込んだ事例、審査に通らないとかなり困ります。

査定に通らないかもしれないという心もとないがある人にとっては、査定が無いクレジットカードがあったら相当助かりますよね。

では、クレジットカードの査定は如何になっているのか、「査定なし」で使用可能なクレジットカードなんて実際にあるのか、クレジットカードの査定について細かいところまで見ていきたいと考えます。

一番目に、査定なしで使用可能なクレジットカードがあると言えるのか、クレジットカードの査定が持つニュアンスから考慮してみましょう。

ご存知の方も多々あるかと考えますがクレジットカードに申込めば、絶対行われる査定はなぜ不可欠なのかを紹介しておきましょう!

審査が必要な理由

クレジットカードを仕上げる時になぜ査定が行われているのかというと、それはクレジットカードの言い回しのニュアンスを心積もりてみるとよくわかります。

クレジットカードのクレジットは、信用という意味合いです。

つまり、クレジットカードとは、カードの所有者のクレジット(信用)をもとに、アイテムの代金を立て替えるという特質のカードであるという事です。

一段と克明に言えば、担保を設定する事なく、その人の信用を元にクレジット企業がお金を立て替えるのです。

信用とは、償還をびしっとしてくれるか如何にかという事になります。

担保があれば、それを売り渡しする事で返金が滞った時に回収する手段となりますが、担保を設定していない時、その人が整然と償還してくれないと融資したお金を回収できない事になります。

そうなると困るので、申込みをしてきた人みんなに、何の情報も調査しず、査定なしでお金を立て替えるためのクレジットカードを発行するという事は普通しないのです。

という事は、査定が無いクレジットカードは、かなり特殊なものであるという事が言えます。

クレジット法人としては、貸したお金が帰って来ないケースは損害を被る事になりますので、査定をせずに貸すという事はかなりの試すであるという事が言えます。

そう考慮すると、申請時に査定がないクレジットカードは無いのではないかという事になります。

実のところのところ、ほぼ総てのクレジットカードで査定が行われているのが事実です。

とはいっても、ある特殊なカードだけ、実を言えば査定なしで持つ事が可能なのです。

これに関しては、後ほど見定めしたいと考えます。

査定では、次のような事を中心に、クレジットカードを発行したとして、その人がキッチリと返金してくれそうか如何にかを測っています。

審査でチェックされること

勤務形態や勤務先を見る事によって、収入がどれくらい安定しているかを見ています。

正社員の方がパートやアルバイトの人より安定していると見られますし、自営業の事例は景気の変化を受けやすいなどの要因から不安定と見られやすい性質があります。

業務は長い間続けている方が安定していると見られますので、勤続期間が長い方が査定には有利です。収入が無いと、最初に査定には通りません。

とはいっても、配偶者に収入がある時、それからエントリー者が学生のケースはこの限りではない事もあります。

年齢も同じような趣旨を持っていて、社会に出て直ちにの人より年齢が上がる方が業務も長い間続けていると決断されます。

これは勤続年月とも組み合わせて参考にします。しかし、年齢が高すぎると返金が持て余すと思われるので、査定に通りにくくなります。

住まう期間が長い時や、持ち家の事例は、滞納した事例などにも引っ越しにくいので連絡が取りやすいと決断され、査定には有利になります。

最後にクレジットヒストリーですが、これは採り上げるののクレジットカードの申請をするまでに、どれほどのクレジットカードの使用の仕方やお金の借り方をしてきたのかという事です。

これについては、以下で詳しく解説してみたいと思います。

クレヒスとは

クレジットヒストリー、略してクレヒスなどとも言われますが、これは個人信用情報機構に今までのクレジットカードの使用に関連する情報を問い合わせる事で見極め可能なものです。

現在までにクレジットカードの使用をした事が無い方が査定には有利なのだろうと思うかもしれませんが、その実そうではないのです。

年齢によっては、実際までにクレジットカードを活用した事が無い事が、反対に不利に働くケースもあるのです。

それには、個人信用情報機構の情報の管理の仕方が結びつきしています。

信用情報は、一定の期間掲載されたら、削除される事になっています。

信用情報組織に掲載されているクレジットカードの使用に関連する情報には、例を挙げると以下のようなものがあります。

クレジットカードや貸付金などの申込みをした記録クレジットカードの使用状況に関連する記録(延滞の記録も含む)クレジットカードなどの強制キャンセルの記録これらは掲載する期間が決まっており、その期間が過ぎれば削除されるのですが、個人信用情報機構に、一例を挙げれば上述の中で延滞や強制取り止めなど返金上問題がある使い方をしていた事がわかる記録が残っている間は、最初にクレジットカードの査定には通りません。

延滞や強制キャンセルの記録は、長いところで5年間残ります。

これが、どこかに事情で自己破産をした事がある人のケース、10年間記録が残されています。

長期間クレジットカードや貸し出しを活用していない事例、または年齢が高いのに今までに一度もクレジットカードなどの活用が無いという事例、上述の情報が何も掲載されていない事になります。

それが、単純に現金主義だからなのか、それとも何か過去に問題を起こしていてローンの記録が残らないような様子になってしまっているのかがわかりません。

そうなると、用心のために信用情報機構に何の情報も無い人を査定に通さない事が出て来るわけです。

30歳以上の人が、初めてクレジットカードに申請する事例このような時は、今までにクレジットカードを持ったりどこかに貸付金を組んだりする必須が無いから使用していなかっただけだとしても、査定に通らない事があります。

このような様子を、スーパーホワイトと言う事もあります。

先ほど、年齢が高い人は査定に有利だと言った中身と矛盾するように見えるかもしれませんが、年齢が高い人の時、現在までにどこかにクレジットカードか貸付金を活用しているケースは有利になるという事なのです。

クレジットカードの審査方法

続いて、審査は如何に行われているのか見てみましょう。

クレジットカードの事例、エントリー者の情報を元にスコアリング仕組みによって査定の可否を決断していますスコアリングシステムというのは、申請者の情報を元に、コンピューターを使用してその人の属性を点数化するというものです。

各々の項目に反対に、点数が下拵えされています。

例を挙げると、勤続期間を例に挙げて考慮すると、勤続期間が長いほど点数が高くなる仕組みになっているというような感じです。

コンピューターで審査に通ったら、今度は人の手で審査が行われるというわけです。

審査方法・審査の意義からいえること

ここまで、審査の中身や審査のメソッドについて見て来ました。

その中で、審査とは償還技術を見るために重要なものなので、欠かす事ができない事がお理解いただけいただけると考えます。

加えて、審査にコンピューターを導入するなど、審査の手法もキッチリと確立されている事から、帰するところクレジットカードは審査をパスして活用する事が前提となっている事がわかります。

では、どのような人ならクレジットカードの査定に確実に通るのかというと、その実それは明確言う事ができないというのが解答となってしまいます。

理由を言えば、これらのスタンダードはクレジットカードを発行する企業によって違うため、必ずという事が無いからです。

それ故、審査に通りにくいクレジットカードもあれば、そうでないところもあるのが事実なのですが、とどのつまりどっちにしても審査をクリアしないと使用できないという事には変化しがないのです。

そんな訳で、そのような心もとないがある人に向けて、審査の無いカードの解説をやりたいと思います。

審査なしのクレジットカードとは

ここまで、クレジットカードを持つためには審査が必須な事、加えて審査が甘めなカードなら影響する事を検証してきました。

その中で、審査が無いカードは特殊なカードであると言いました。

それでは、審査なしで持てるクレジットカードはどのようなものか、どんな感じで特殊だと言えるのか、検証しましょう。

エントリー時に審査が不要なのは、以下のクレジットカードです。

  • 家族カード
  • デビットカード

では、詳細を検証していきましょう。

家族カードとは

家族カードとは、クレジットカードを持っている人(本会員)の身内が作成する事が可能なクレジットカードの事を言います。

このカードは、審査が無いのではなく、新しくカードを持つ人が審査を受けなくて済むカードです。

理由を言えば、審査カードを発行するケースでも、審査は本会員が受けるからです。

身内カードは、持つとみんなで活用可能な金額の上限値が上がるのではなく、本会員の使用限度額の範囲内で全部が活用可能なという特質のものです。

つまり、身内がカードを持ったとしても、使用可能な値段の上限は結局変わらないのです。

はじめの査定に通っている以上、多くの事例査定に落ちる事はないのです。

それ故、身内が新しくカードを持つ事例に限り審査が不要なクレジットカードと言えるのです。

家族カードの悪い点

世帯カードの悪い面は2点あります。

1つはカード活用明細がまとまって送られてくるため、世帯カードで購買したものが本人会員の方にバレてしまう点です。

「こんな価格、何に使ったの?」と聞かれる事でイライラしてしまうという方もいるので、仲違いの原因にならないようご使用ください。

2つ目は、家族カードでは自身のクレジットヒストリー(クレヒス)が付かないという点です。

このまま常に家族カードを持つのであれば問題ないのですが、クレヒスなしで年齢を重ねていくと自身のクレジットカードを発行するのが、より困難になってしまいます。

理由を言えば、クレジットカード審査において、クレヒスは大切な項目だからです。

今後査定を受けて自身のカードを持ちたいというのであれば、審査の甘いカードを発行してクレヒスを積みあげる事がベストチョイスです。

デビットカードとは

デビットカードとは、以下のようなポイントを持つカードです。

  • 加盟店で活用可能
  • キャッシュレスで購入が可能
  • キャッシュカードがデフォルト
  • キャッシュカードと一体型になっている
  • 審査が無いカードを活用すると即時引き落としが行われる
  • 銀行預金残高を超えるプライスの使用はできない
  • 決済は一括払いのみ

デビットカードは、国内で2種類発行されています。

それがJ-DebitとVISAデビットカードです。

キャッシュカードと関連がある事からもわかるように、デビットカードは入金を銀行預金口座からの即時引き落としで行うという使い方をするものです。

銀行預金を下ろしてアイテムを買うところまでが、算入店で一度に可能なものとしてもらえばわかりやすいと考えます。

デビットカードは多くの事例、入会時に査定がないのですが、それにはびしっとした訳があります。

それは、銀行預金口座に預けられている範囲内でしか使用できないカードとなっているので、立て替えたお金の回収ができないという業者の不安が無いからです。

J-debitとは

J-DebitのJはJAPANのJなのですが、その名前からもわかるように日本国内が中心のカードです。

J-Debitのホームページには、明確に審査が無いと書かれています。

J-Debitの時、手元に持っているキャッシュカードをデフォルトのデビットカードとして使用します。

金融組織が発行するキャッシュカードをデフォルト使用するサービスなので、発行可能な金融組織は数多くあります。

したがって、J-Debitを活用する事は手を焼く事ではないのです。加入先のお店であれば、活用する事ができるです。

そして、J-Debitは国内中心のカードのため、外国では使えずインターネット上でも使用できないという特色を持っています。

VISAデビットとは

これは、VISAブランドのデビットカードで、VISAの所属店で活用できます。

VISAデビットカードを発行する金融組織では、局所のみ査定があるのですが、多くの金融機構では査定が行われません。

外国ブランドのカードなので、J-Debitとは違って外国でも使用できるです。

しかも、外国のATMで現地通貨を引き出す事もできます。

それから、インターネット上での使用もできます。

デビットカードの短所

デビットカードの短所は銀行預金口座が残高不足だと活用できない事、携帯電話、高速道路、ガソリンスタンド、プロバイダなどの料金入金ができない事です。

また、家族カードと同じくにカード活用をしてもクレヒスが付かないという点もデメリットになります。

今後審査を受けて自身のカードを持ちたいというのであれば、パフォーマンスに残念はあっても審査が甘いクレジットカードを活用して、クレヒスを積んでから再び審査を受けるのがベストです。