【クレカの審査落ち】クレジットカードの審査に落ちる理由とは?

クレジットカードの審査に申し込んだのに落ちてしまった、そのような経験をすると、何となくいろんな部分で否定されているような想いになってしまうかもしれませんね。

なぜ通らない?そのような風に思うのは当然の事です。

けれども、クレジットカードの審査に通らない事には、一部分にのみ所以があるだけで、全てに問題があるというわけではないのです。

という事は、そのところさえ掴んでしまえば、それに応じてどこかに対策が可能な見込みがあるということになるのです。

そこで、クレジットカードの審査に通らなかった理由として如何なる事が腹積もりられるのか、見ていきましょう。

審査に通らない理由の候補とは?

クレジットカードの審査は、だいたいその人が立て替えた商品代を整然と支払ってくれるか如何にかというところに重点を置いて行われています。

それにより、返金に問題があると思われそうな条件を持つ人は、審査に通らないという事になります。

では、どのような事があったら返金に問題がありそうだと決断されるのか、審査に通らない要因として考えられる候補を見てみましょう。

それは、以下のものです。

  • 属性に不安なところがある
  • 電話連絡が取れない
  • クレジットヒストリーが良くない
  • 申請方法に問題がある

それでは、各々がどのようなことを言うのか、突き詰めて見ていきたいと思います。

その人の属性に心もとないなところがある

審査は、その人の属性に関連する項目を申し込み書やインターネット経由の申し込みフォームに記入してもらうことで行われます。

一例を挙げれば、以下のような事が聞かれます。

氏名や年齢、性別など、その人に関する情報勤務先や勤務形態など、収入に関する情報現時点でのライバル企業を使用しているか如何にかなど、借金についての情報一番目は、その情報を元にスコアリング仕組みを用いてコンピューター的に審査の可否が判断されます。

これは、その名の通り、その人の属性を点数化するという手法で行われるものです。

そんな訳で審査に通過したら、第二に人の手による審査が行われます。

という事は、最初にここで問題があったら自動的に審査の対象から外される項目があるという事になりますね。

では、これらの中で、審査に影響を与える属性とは何か、見ていきましょう。

審査に影響する属性

審査に大きく影響を与えるのは、以下の項目です。

年齢が制限に合っているかどうか収入があるかどうか(本人または配偶者)現在の借金状況に問題があるか如何にか多くの項目がある中、審査の可否に大きく影響を与える項目が少ない事に驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんね。

けれども、初めにこれらの項目に問題が無いことが大切です。

それ以外の項目は、活用限度額の判断に役立てられると考慮しられています。

同じクレジットカードを作ったとしても、全員が同じ利用限度額になるわけではないのです。

例えば、セディナカードクラシックというクレジットカードの時、活用限度額は以下のように定められています。

  • 使用限度額…1万円〜200万円(ただし新規の人は50万円まで)

新規の人は活用限度額が50万円までではありますが、そこまでしても1万円〜50万円までの幅があるという事です。

それ以外の項目は、この判断に利用されるという事です。

このように、活用限度額が人によって違うのは、このカードだけではなく多くの事例の場合そうです。

では、本題に戻って、審査の可否に影響を与える項目について見ていきましょう。

最初に年齢制限についてですが、これはどうやっても覆す事ができませんから、審査の可否に影響があるのがもちろんと言えばそうですね。

続いて収入についてです。

クレジットカードは、アイテムを先に手に入れて代金を立て替えてもらうという使い方をするカードですから、立て替えてもらったお金を返せない人には当然カードを貸与する事はできません。

そんな訳で大切なのが、収入という事になるのです。

収入は、高ければいいという事ではなく、継続して収入を得続けられる事の方が大事です。

それ故、パートやアルバイトであっても、収入を得続けられる確率が高いと決断されれば、審査に通る事もできます。

しかし、一通りのカードでそうとは言えません。

今現在、無担保クレジットの借り入れがある場合、お金に困っている状況である事が想像できます。

費用的に大きくなければ問題にならない事もありますが、借金額が大きければクレジットカードを持っても活用代金の入金が難しいと決断される見込みがあります。

とはいっても、上述のことに問題がなくても、審査に不利な項目が多くあるケース、総合的に判断して審査に通らないという事もあります。

では、審査に不利になるのはどのようなケースなのかを検証しておきたいと考えます。

審査に不利なのはどんな人?

それでは、審査の場合に聞かれる項目に関して、不利になる要件を整理てみます。

居住年数 勤続年数 職業・勤務形態
1年未満 1年未満(自営業は3年未満) 下記参照

最初に、住まう年月ですが、引っ越しが多い人だと連絡が取れなくなる可能性がある事から、決済が滞った時に連絡が付けづらいなどと考えられて審査には不利になります。

居住期間が少ないうちは、引っ越しが多々ある人かもしれないと思われるので、審査に不利です。

勤続年数については、業務を開始出来たばかりだと、辞める見込みがあると判断される事があるからです。

転職のケースは特に配慮が必要ですが、新卒の人のケースはこの限りではない事もあります。

しかし、新卒の人でも不利になる事例もあることは知っておきましょう。

自営業の時は、1年ではなく3年以上続けて働いていることが大事です。

それは、どうしても景気の変化に影響されやすいなどの理由から、倒産の見込みがある事が否定できないからです。

これは職業や勤務形態とも関わっています。

職業で言えば、安定していると言われる公務員が有利です。

しかし、それ以外の勤務形態だと問題がるというわけではないのです。

正社員のケースは、だいたい問題なく審査に通る事が多くなっています。

ただし、パートやアルバイトの時は配慮が必須です。

それから、収入が無い無職の人は、心残りですが審査に通る事はできません。

ですが、特例もあります。

異例としては、以下のような例があります。

  • 不動産収入などの安定した収入がある
  • 配偶者に安定した収入がある
  • 学生である

業務をしていなくてもどこかに形で安定した収入がある事例、審査に通る事があります。

ただし、ギャンブルによる収入のように、移り変わりがあり安定していない場合は審査に通る事は手に負えなくなっています。

例を挙げると、先ほど利用限度額を見極めするために見た、セディナカードクラシックの申し込みフォームには、職業の区分として配偶者に収入があるという欄があります。

それと当てはめて、本人に収入が無く、配偶者に収入があるケースは別途書類が不可欠と説明があります。

その事から配偶者の収入に関連する参考にが行われる事がわかります。

ただし、参考にはあっても、クレジットカードが作れないわけではない事がわかりますね。

それから、学生のケース、収入が無い事が問題とならない事があります。

それは、学校に行けるという立場である事から、水準を満たすまでの経済的ゆとりが防護者にある事がわかるからです。

これらの項目を見てみて、不利な中身が多い時には、審査に通らないこともあり得ます。

電話連絡が取れない

電話連絡がつくか如何にかという事は、クレジットカードを発行する企業にとっては相当大事な参考に項目です。

そのため、審査上かなり重視されています。

では、初めに実際にそう言えるのかを検証してみたいと考えます。

現実に電話番号の記入が必要なのか、何個かのカードを例に挙げて調査してみました。

各々のインターネット上のエントリーフォームを見極めした結果、以下のようなカードで電話番号の入力が不可欠となっていました。

それによると、多くのケース我が家の電話でなければならないという事はないのですが、我が家か携帯どっちかの番号は必要となっています。

  • イオンカード
  • ローソンPontaカードVIS
  • オリコカード
  • セディナカード
  • セブンカードプラス(家の電話番号入力が必須)
  • 三井住友VISAカード

A調べてみたところは全て、申し込みの場合電話連絡がつく電話番号がある事が不可欠でした。

入力フォームに必須入力のロケーションが空欄の場合、第二に進む事ができません。

したがって、我が家電話でも携帯電話でもいいので、連絡がつくところがあることが不可欠だと言えます。

セブンカード加味のみ、自宅の電話番号入力が不可欠でした。

それ以外はどちらでも対応がきく事になってしましたので、我が家に電話が無い人はそれでも申し込めるクレジットカードを探して申し込む必須があるのです。

なぜ電話連絡がつくことが必須?

それでは、上述の事を元に、電話連絡がつくことと審査にどれほどの関係があるのかを見てみましょう。

なぜ、電話連絡がつく事がこれほど優先されているのかと言うと、住まう期間のところでも検証しましたが、仮に入金が滞った場合、電話で連絡できる事は督促をする上で大事な事だからです。

そもそも、連絡先が納得出来ない人と何か約束をしようとは思えませんよね。

修正があるケース、何か伝えたい時、伝える手段が無いとかなり困ります。

それはクレジットカード企業としても同じです。

連絡ができない人と契約を結ぶ事はできないのです。それから、電話連絡は審査の途中でも行われます。

我が家や携帯の電話が関連してくるのは、本人検証の電話です。

これは、よしんば誰かが別人に成り済まして申し込んでいる事があったらいけないので、入会の事実を見極めするために行われています。

また、エントリーフォームに記入した中身と現実に相違が無いかという事も検証しています。

つまり、申請のときに審査に落ちないように嘘を書いていないかどうかという事が参考にされるわけです。

信用を元に成り立つクレジットカード法人との契約なので、信用が可能なと判断されなければ審査に通る事はできません。

それを見極めする手段である事もり、電話連絡がつく事は審査のうえでも大事な事なので、連絡先があることが必要とされているのです。

職場への連絡にも気をつける

実は、この連絡がつくか如何にかというのは、我が家電話や携帯に限った事ではないのです。

もう一つ、クレジットカードの審査を受ける上で電話連絡が不可欠な場面があります。

それが、職場への在籍見極めです。

安定した収入を得ている事は、クレジットカードの審査に通る上で大事な条件である事を検証しましたが、それ故には嘘の職場を書いていないか如何にかを参考にすることも、重要な審査となります。

書いている職場が嘘だったとしたら、収入を得ているという事も嘘になってしまいますからね。

そこで、職場に連絡を入れて、そんな訳で入会をした人が実のところに働いている事を見極めするのが職場への在籍検証です。

これができない事によって審査に通らない見込みもあるので、職場に連絡が入る事例もあることを知っておきましょう。

クレジットヒストリーが良くない

クレジットヒストリー、略してクレヒスとも呼ばれますが、これは現在までの金融アイテムの使用状況の履歴の事を言います。

金融商品全般ですから、クレジットカードの利用履歴のみではなく、カード貸し出しなど他の金融アイテムの活用履歴も内蔵されます。

金融アイテムを活用したことがある時、個人信用情報組織というところに活用状況についての情報が登録されます。

クレジットヒストリーが良くない場合、それがきっかけで審査に通らないこともあるくらい、審査結果には大きな影響を与えます。

不利になるケースは?

クレジットヒストリーがきっかけで審査に通らない可能性があるのは、以下の事例です。

  • 活用者の都合による滞納がある
  • 30歳以上の人が、今までに金融商品の使用履歴が無い

初めに、使用者の都合による滞納がある場合です。

現在までに使用した金融商品の入金がきちんとできていない人が新たにクレジットカードを持ったとしても、支払いができない見込みが高いと見なされる事がその訳です。

これは、先ほど属性のところで確認した今現在の借り入れ状況に問題があるケースとも係りしてきますが、情報を照会すると過去5年間についての情報がわかりますので、現在だけでなく過去の使用状況に問題があるケースも影響があるという事が言えます。

しかも、長期に渡る滞納があるケースや、自己破産をしたなどのスペシャルな事情があるケース、返金状況のところに『異動』と記載されます。

これによって、大きな問題があったことがわかるため、滞納があって後で入金した場合以上に審査には通りにくいと言えます。

それから、クレジットカードの審査の時、信用情報が何もない事例をスーパーホワイトなどという言い方をするのですが、この状況は審査に不利になっています。

信用情報が何もない事例、自らの意思で金融商品を利用しなかったのか、何らかの問題があって活用できなかったのかが決断できません。

年齢がフレッシュな人のケースは、金融アイテムを使用する機会が無かっただけだと判断されますが、30歳を超えている人の時、それは腹積もりにくくなっていく事から、スーパーホワイトの様子だと不利になるのです。

申し込み方法に問題がある

それでは最後に、申し込み方が問題で審査に通らなくなる確率を考えてみましょう。

問題のある申し込み方法とは?

申請方で問題があるのは、以下のようなことがあった事例です。

  • 申請のときに記入した内容が不的確
  • 一度に多くの入会をし過ぎている

初めに、入会をする際に記入した中身が不的確な場合です。

これは、空欄が多々ある・虚偽の申請をしている・書き間違えているなどを総て含めて言います。

それから、一度に多くの入会をし過ぎるというのは、6カ月の間に複数のクレジットカードの入会をすることです。

それでは、なぜ上述のような事があったら問題となって審査に通らなくなる可能性が出て来るのか、見極めしましょう。

記入中身が不的確な事例の問題点

記入中身が不的確な事例の問題点を見ていきましょう。

最初に、空欄が多々あるケースですが、これは審査に不可欠な情報が足りない事を意味します。

そうなると、審査が的確にできないため、結果として審査に落ちる事に繋がります。

虚偽の申請をしているケースについては、言うまでもないかもしれませんね。

クレジットカードは、元来はその人の信用を元に貸与されています。

信用とは、言い換えれば返金能力ですが、それにはびしっと返金の管理をしてくれるという事も内蔵されます。

嘘をついてまでお金を借りようとする人が、キッチリと入金を続けるとは心積もりにくいですよね。

それ故、虚偽の申請をした事がわかった事例、審査に落ちる原因となります。

クレジットカード法人は、記入された中身の裏付けを取っていますから、嘘はバレると思っておいた方がいいでしょう。

そのため、嘘の申請をしてまでおクレジットカードを持とうとしない方がいいのです。

最後に書き間違えたケースですが、例を挙げるとそれが電話番号だったら連絡が繋がらなくなることもあります。

そのようなケースは、先ほど見定めしたようにそれが直接のきっかけとなって審査に通らなくなります。

それだけではなく、記入された中身を見て決断するのですから、それが間違えているのかそれとも意図的に嘘を書こうとしたのかわかりません。

それ故、フィーリングが悪くなるという側面もあるのです。

複数の申し込みがいけない理由

6カ月以内に何枚もクレジットカードの審査に申し込んだ場合、そこまでカードが不可欠だという事は、もしかしてお金に困っているのではないかと思われるきっかけとなります。

そうなると、償還能力を質問視さるため、審査に落ちるきっかけとなってしまうのです。

では、なぜ6カ月なのでしょうか。

それには、先ほどの個人信用情報機構が掲載している情報が関係しています。

クレジットカードなどの申し込みがあったという情報は、6カ月間掲載されています。

それで、6カ月間の動きがわかるというわけなのです。

クレジットカードの中には、申請の場合の留意点として、短期間のうちに何度もカードを申し込んだ事例は、期待に添えない事例があるということを明確書いているところもあります。

その事からも、短期間にいくつかの入会をする事が審査に良い影響は与えない事がわかりますね。

審査落ちには理由がある

これまで見て来たように、たまたま審査に通らなかったという事は無く、審査に落ちるのにはどこかにきっかけがあると言えます。

そんな訳で、どのようなことが審査に落ちるきっかけとなるのかを知っておけば、前もって対策が可能なものもありますよね。

それ故、クレジットカードの審査で落ちるきっかけとなる事が何かを、申請前に整然と知っておくのが必須なのです。