学生におすすめなクレジットカードの比較

学生

学生さんのクレジットカード選択しに肝心な事は、年会費フリーで学生限定のサービスを使用できるか。

在学中は、限定の安上がりで用意されている学生専門カードを応用してくださいね。

当然いつものクレカもエントリーすれますが、学生用のクレジットカードには、在学中にしか使用できないことが豊富に詰まっており、イチ押しです。

しかも、一流企業会社が発行している学生専門カードは卒業後、自動的に普通のカードへと切り替わるため、社会人になった時へのステップアップカードとしても応用できます。

学生が持つ理由

「クレジットカードを持つのは怖い」という学生の方も少なくないのです。

しかし、学生のケースだからこそ、クレジットカードを使いこなすうえで、満喫した学生暮らしや、その後の社会人暮らしを送れるようになるのは間違えないのです。

友達のなかには「クレジットカードを利用しすぎて、両親に肩代わりしてもらった。」などの声も聞く事があると考えます。

クレジットカード自体は非常に実用的なものである一方で、仕組みや使用手法を誤ると取り返しのつかない事態に成長する懸念がある事を解釈していなかったために、そうなる人は一定数いるでしょう。けれども、クレジットカードについて認識し、そこそこのお金の管理ができていれば、そのような事態に進歩する事はほぼないのです。

ここでは学生がクレジットカードを持つべき訳について紹介します。

お得

昨年使ったおおよその値段や、月次のざっとの浪費を計算して、そのおおかたがクレジットカード決済ができると心積もりて、安価に見積もって1%が現金で戻ってくると腹積もりたら?昨年もし100万円分の現金入金があったとしたら、1万円も得していた計算になりますよね。

クレジットカードで支払うとしても1回払いであれば支払う総額が異なるわけではないので単純に還元率の分損していたとも腹積もりられますよね。

2枚目3枚目のカードを選定するケースは、還元率を見てカードを選定するというのもアリなのです。

学生専用

実を言えば、クレジットカード法人にとって「学生」というのはかなり大切な「カスタマーになってくれターゲットゾーン」なのです。

理由を言えば、学生に自社のクレジットカードを気に入ってもらえれば、その後数年間、数十年間利用し続けてくれる優秀カスタマーになる見込みが高いからです。

クレジットカード法人は、なんとか学生を取り込みたい!だからこそ、「学生優遇特典」「学生はフリー」というような学生限定の長所があるクレジットカードがあるのです。これは活用しておかなければ損なのです。

海外旅行に使える

クレジットカードには外国旅行傷害保険というものが付帯されています。加えて、それだけではなく、トラベルデスクに電話を入れれば、病になったり、トラブルに遭遇したケースも、日本語で対策の指示や対処をしてくれるのです。

加えて仮に現金が盗難にあってしまって、手持ちのお金がないという状況に陥ったとしても、外国のATMから現地通貨を引き出す働きもあるのです。

学生で外国旅行に行った事がない人を探す事の方が困難なご時世です。心配無用して外国旅行や留学をするのであれば、クレジットカードは不可欠必須なものなのです。

今後にプラス

クレジットカードを含む、全部の借入をするケースの査定では、信用情報組織に登録されている、個人の信用情報を参照して行われます。携帯電話料金の未払いがあると、査定落ちしてしまう所以も、学生の間にクレジットカードを仕上げる事が可能な良いところも、全部「クレヒス」に係りしてくるのです!

クレジットヒストリー(通称クレヒス)と呼ばれていて、現在までの借入の履歴が登録され、遅延や延滞があるとクレジットカードを含む一通りの借入査定に、悪い影響を及ぼす事になるのです。逆に借入の履歴があり、償還も滞り無く行われていれば「良いクレヒス」となってクレジットカードをスタート出来とした、総ての借入の査定が有利になってきます。

金銭センスを磨ける

就職活動や会社の面接でも話せる企業同士の提携やお金の流れの仕組みを実体験上で学べるのです。金融センスを磨く事もできるになるのです。

クレジットカードを活用するという事は、どのような流れで買物をしたお金が引き落とされて、銀行口座からお金が引き落とされるのか?を知る事になります。自然の事なのですが、これは経営や会計にもつながる収支計画なのです。

無論、これだけの良い面ではなく、外国旅行保険がついている、着眼点が付く、PASMO、SUICAがついているなどの良い面もいいろありますが、学生という機会だからこそクレジットカードを作っておくべき要因があるのです。

学生カードを選ぶポイント

年会費永年無料・条件付き無料がオススメ!

一般的なクレジットカードは、年1回カード法人に「年会費」と呼ばれる出費を支払う事で活用できます。学生向けカードは「在学中はフリー」や「毎年1回以上使用するとフリー」と前提がついているものもあります。

※学生が保有可能なカードは年会費フリーのものが多々あるです。

年会費のプライスは500円程度から数十万円までと幅広く、だいたいはカード会員が活用可能なサービス(「カード付帯サービス」と呼ばれます)の中身の満喫度によって異なります。

そもそも学生向けカードは、初めてクレジットカードを持つ人向けに「クレジットカードとはどのような有用なものか」を知ってもらうための、いわば「お試し」の位置づけのカードでもあります。

このため、年会費フリーながら、各カード企業とも学生が実用的に役に立つように創造性をこらしていて、一般カードでは考慮しられないようなリーズナブルなサービスがついている事もあります。

「加入要件を満たすなら要件付きカードの中からチョイスしてだ方が安い」とも言えるほど、一押しできます。

ポイント還元率の高さ

ポイント還元率の高さは、クレジットカードを選択する際の規格として最も注意されています。

ポイント率は0.5%のものが多く、一般的に還元率が1.0%以上のものが「高還元率」と呼ばれています。

例えば、三井住友VISAデビュープラスカードの場合は、加入して3か月三井住友VISAクラシックカードのポイント5倍、つまりポイント還元率が2.5%になり、三井住友VISAのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の活用をとりかかると、通常のポイントに1ポイントがプラスされることになります。また、普通時でも1000円で3ポイント(還元率1.5%)で活用する事ができるんです。

ただ、マイ・ペイすリボに登録すると、月次の入金設定費用(リボ払い費用)を超えると、リボ払い手数料がかかってしまうので、リボ払いの月次入金上限費用を限度額いっぱいにする事で、手数料を取られる事なく、上限額内では普通のカードと同じくの決済費用となります。

海外傷害保険付きのものを選ぶ

学生の人は留学や卒業旅行などで外国に行くという事もあると考えます。

外国に行くのならクレジットカードは絶対作っておくべきです。

理由を言えば、外国では国籍が違う人を無条件に信用してくれないため、宿泊施設のチェックインやレンタカーを借りるのにもクレジットカードの提示を求められるのが元で、クレジットカードを所有していないと、サービス代の支払サポートとしてデポジット(サポート金)を請求される事が多々ありますす。

加えて、外国は日本よりも治安が悪く、衛生面の管理も容易にはいかないため、盗難・病・ケガなどの危険性が高いです。

外国で病やケガをしたケース、治療出費が日本と対比すると大いに高いので、病やケガ、盗難など補償してくれる「海外旅行傷害保険」があるクレジットカードを選択する事を推奨します。

学生が外国旅行傷害保険付帯のクレジットカードをチョイスするなら、以下をレベルに選りすぐると良いでしょう。

  • 外国旅行保険が付帯されているか
  • 治療総額補償が優先された補償になっているか
  • 保険適用要件が自動付帯になっているか
  • 外国使用でボーナスポイントが付くか

保険付き

学生の人は留学や卒業旅行などで外国に行く機会が多いでしょう。外国に行くのならクレジットカードは絶対作っておくべきです。

理由を言えば、外国では国籍が違う人を無条件に信用してくれないため、宿泊施設のチェックインやレンタカーを借りるのにもクレジットカードの提示を求められるのが元で、クレジットカードを所有していないと、サービス代の支払サポートとしてデポジット(サポート金)を請求される事がおおかたです。

なお、外国は日本と比べると治安が悪く、衛生面の管理もよくないので、盗み・病・事故などの危険性が高いです。

外国で病を患ったりケガをした時、治療経費が日本と対比すると大いに高いので、病やケガ、盗難の際に補償してくれる「外国旅行傷害保険」が付帯しているクレジットカードをセレクトする事をイチ押しします。

併用も検討してみる

クレジットカードごとに「ポイントが貯まりやすい」「特定のオンライン買い物で安上がりになる」「外国旅行保険が手厚い」「加入イベントが手厚い」「交通電子マネーが付帯されている」・・・とそれぞれに特徴があります。

いくつかのクレジットカードを使用する事で、諸々な発見や対比ができるようになりますし、クレジットカードは何枚持っていても、年会費が無料ならば問題ないのです。

また、前述した通りで、学生だから得られる特典があるカードも少なくないのです。

よって学生クレジットカードは2枚〜3枚は持つ事を推奨します。

年会費有料のクレジットカードは十分に思い巡らしてから作成するべきですが、年会費無料であればいくつか枚発行して並存しながら、如何なる特典や優待サービスを自身で使用するのか?自らに向いているクレジットカードはどういったものなのか?を見極める事もできるなのです。

なお、全くの学生クレジットカードは年会費フリーで発行可能なのです。

学生におすすめのクレジットカード

ライフカード

個人的にお薦めベストチョイスな学生向けクレジットカードが「学生専用ライフカード」。

このクレジットカードには学生の出費の省コスト化において最大限の影響を発揮する2つの長所があるので、これを見逃さない手はないのです。

誕生日月秘訣5倍などの特典はデフォルトに、外国買い物活用で5%のキャッシュバックが受け取れる事で大変評判。学生限定カードならではの『リーズナブル』が盛り沢山で、浪費を抑えたい学生暮らしにも大活躍する1枚。

また、驚いたことに外国使用で学生専用ライフカードを使用するだけで買物値段の5%分がキャッシュバックされるという特典があるのです。

それ故、卒業旅行で外国にいく予定があるという方は、外国滞在時の宿泊施設代や飲食代、またおみやげなどの代金もすべて学生専門生活カードで支払うようにしてください。

エポスカード

エポスカードは日本全国に5000ショップ以上の提携ショップがあり、多彩な優待特典が受けられます。その上、年に4回開催される丸井の「マルコとマルオの7日間」が10%OFFになります。

ビックエコーやシダックス、カラオケ館といった一流企業カラオケチェーンや遊園地、水族館など、学生にとってハッピーな割引優待が数多くあります。

直ちににクレジットカードが必須になった学生でも、即日発行で受け取りができるなクレジットカードですのでベストチョイスです。近くにマルイがない人でも、マルイのインターネットショッピングサイトでも同じくの割引が受けられますので、心配無用してください。

アメックスカード

は俗に、経営者・高収入なエリート層の方が持つクレジットカードです。

後で延べするように外国活用での強みがあったり、一定以上のクラスになるとコンシェルジュがついたりとバックアップが手厚いところがポイントです。

その分年会費は割高です。プロパーのアメックスカードを学生が新規エントリーして査定に通る事はほぼ無いです

ところがセゾン(株式会社クレディセゾン)と協業で設ける事によって誕生したセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度年会費フリー&26歳になるまで年会費フリーを実現し、学生でも所持可能なようになっています。

操作感を検証するために持ってみるのもいかもしれませんね。

26歳までなら持ってるだけでもお金がかからないですし、外国旅行のケースだけ使用するなんてのもOKです。

海外旅行向き

述したとおり、外国旅行で諸々な強みがあるのがセゾンブルーアメックスのトレードマークです。

外国での使用は永久不滅見所が2倍外国旅行傷害保険が自動付帯(国内旅行はカード使用時)外国からの帰国時、空港から我が家まで手荷物フリー宅配外国携帯電話レンタルが10日間フリーサービス世の中140余ヵ国でバックアップが受けられるため、学生が行く国では万全です。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードはゴールドカード、プラチナカード,ブラックカードまであるプロパーカードです。

そしてポイントも一般的なカードの2倍(還元率1%)、エントリー3ヶ月間は5倍(還元率2.5%)と高還元です。

年会費も年に1度使用すれば次年度フリーになりますから、実質的には無料だといえるでしょう。

その上、自動的に26歳でプライムゴールドカードにランク上昇します。

プロパーカードなので、提携カードとは違って、クレジットカードが発行停止になる確率は低く、社会的信用性も高いため、社会人になってからも利用できるクレジットカードです。

査定の困難な「プライムゴールドカード」に自動でランク大きく上乗せ可能な事は、大きな良いところですよ!。

JCB CARD EXTAGE

「Amazon」「スタバ」「ディズニー」「卒業旅行や夏休みはハワイ旅行」「よく使用する電子マネーはnanaco」に反応する学生なら、JCBCARDEXTAGEがベストチョイスです。

なお、「Amazon」に至っては「パートナープログラム」を通して、1ポイント3.5円分として取り替えする事ができます。

また、挙げると、スタバの使用で貯まったポイントを、Amazonに使用する事もできるです。

その時のポイント還元率は、約2%(1.925%)と高い還元率となります。

しかも、外国旅行を考慮している学生にも最適です。最高2000万円の外国旅行傷害保険(使用付帯)に加え、最高100万円の買い物ガード保険、加えては外国の買い物使用は一通り着目点2倍になるという特典まであります。

特にハワイ旅行だと、JCBブランドの特典である「ワイキキ・トロリーのフリー乗車」「アラモアナセンター等にあるストアでの割引」など、現地で有用な優待サービスが満喫しています。

ラウンジ使用もできますので、巧くに応用してハワイ旅行を充分にエンジョイましょう。

楽天カード

楽天カードも学生専門のクレジットカードではないのですが、大学生や短大生でも用意する事が可能なカードです。

このカードはカスタマー得心度質問1位の常連カードなので、とにもかくにも初めてカードを用意する方にも、メリットがあるなカードが望む方にもベストチョイス可能な1枚だと言えます。

良いところはもうたくさんありますが、どこで活用しても楽天ポイントがたまる点、エントリーポイントがふんだんに貰える点が特にお得です

この2点だけであっても大きな節減になるはずなので、どうぞ、有効応用してみてください。

悪い面面としては、ETCカードの年会費が500円かかり、クレジットカードの中では査定が甘めなので、ステータスが低く見られがちで、社会人になってからは「人前で出しづらい」というコメントもあることです。

けれども、学生などのフレッシュな人は多く持っており、使用シーンはオンラインでの買い物が多く、人前で使うことも少ないと思うので、そこまで見栄えを気にすることはないでしょう。

VIASONカード

「VIASO(ビアソ)カード」は、どこで使っても0.5%のポイント還元があり、eショップ活用すれば、ポイント還元が付け足しで加算されます

Amazon.co.jpや、Yahoo!ショッピング、楽天市場などなどオンラインお店でマックス10%以上のポイント還元されます!よってオンラインカタログ販売がとんでもなくリーズナブルになる確率を秘めたカードなのです。

携帯電話代、オンライン回線代でも支払使用によって、ポイントが2倍貯まるので月次支払がある暮らし費の固定費をカード決済にするだけでポイントが2倍貯まるのです。

貯まった要点は自動的にキャッシュバックされる仕組みなので勝手に節減できちゃいます。ズボラさんにもハッピー!

その上、最短1営業日発行されるのもメリットです。

海外旅行保険がデフォルト装備

年会費フリーのクレジットカードでは、外国旅行保険が付かない事もありますが、VIASOカードでは、最高2000万円分の海外旅行保険がデフォルト装備。

旅行代金や飛行機のチケット代をVIASOカードで支払う事が適用前提となりますが年会費フリーでこの特典は平均点をゆとりで超えています。

アミティエカード

先に解説した「デビュープラス」よりも特典が多々ある、驚いたことに女子学生専門のクレジットカードなのです!「デビュープラス」と対比すると、特典の数がかなり多くなっています。

自転車通学をしている学生の方は多いでしょうが、この「三井住友アミティエカード(学生)」には、自転車による傷害保険に無料で加入可能な特典が付いているんです。

道交法の改正で、自転車での事故もトラブル者で無く、加害者になる事例が多いので、自転車通学の方には大きな良い面のあるカードになりますね。

  • 海外旅行傷害保険の金額が500万アップ、しかも自動付帯
  • 最高2,000万円の国内旅行傷害保険が自動付帯
  • ライフ&スポーツ賠償付自転車保険に無料で加入
  • 携帯料金ポイント2倍
  • 写真入りICカードを選べるので、不正利用防止に効力あり

また「デビュープラス」と比較すると、上記のサービスが追加されていますので、女子学生の方は「デビュープラス」では無く「アミティエカード」が、とてもおすすめです!

dカード

CMなどのPRで参照になられた方も多々あるのではないでしょうか。

最期に解説するのは、ドコモが発行する「dカード」。

dカードの年会費は初年度無料でポイント還元率が1.0%と高く、料金がローソンやマクドナルドなどの特約店で割引になるなど、学生の生き方にもかなりマッチしやすい、リーズナブルなクレジットカードとなっています。

このクレジットカードのポイントとしては、なによりも最初に「ドコモユーザーが安上がりになる良いところが豊富にある」という事でしょう。

dカードを持っているだけでドコモプレミアムポイントが加算されるので、携帯料金を支払うとそれに高還元率の着眼点も加算されます。更には、ドコモ携帯料金をdカードで支払うと5%にまで大きく上乗せする事ができます。

dカード会員だけが活用可能な買い物モールである「dカードドコモポイントモール」を介しての調達をしたケースは秘訣還元率は2%〜10%にまで膨れ上がるします。

それ以外、dカードの付帯している保険として、docomoの端末を購買してから1年以内で故障した事例では、マックス一万円まで負担してくれる携帯購買補償がついています。

なお、年一回の活用で次の年も無料になる特典が付いています。

クレジットカードの審査

ところで、先に解説したクレジットカードは学生与信でも申し込めるクレジットカードなので心配無用。学生には、社会人と差異決まった収入がないのです。

それ故、使用できる限度額には制限(10万円ほど)を設ける事で、確かにクレジットカードを活用可能です。

審査に通る?

結論から先にいってしまうと、大学生や専門学校生のクレジットカード製作はかなり手間なくです。

特に1枚もまだクレジットカードを作った事がないという学生の事例には、最初に査定で落とされるなんて事はおおかたありえないのではないでしょうか?そのくらいの敷居だと思って間違いないのです。

複数枚契約について

大学生であっても2枚、3枚といったクレジットカードを保有する事は可能なのか?といえばこれは問題なくできるです。

それ故、学生専門ライフスタイルカードのようなクレジットカードを旅行用のサブカードとして応用する…なんて事も出来ますよ。

但し、そもそも学生の信用力というのは低いため、2枚、3枚であれば問題ないのですが、それ以上ともなると査定落ちしてしまう見込みが高まります。

学生はお金に困りやすいので、どれだけ学生を囲い込みたいカード法人であっても、発行に及び腰になってしまう事もあります。

両親の承諾が必要

20歳以上の学生の方は、ご両親に黙ってクレジットカードに申込む事が出来ますが、未成年の方はご両親の承諾なしには、申込む事は出来ませんよ!内緒でクレジットカードを作りたいと思っても、未成年の方の時は絶対ご両親に判ってしまいますので、申込むケースは絶対承諾を得る事を推奨します。

もしも、必然的にご両親に内緒でクレジットカードを作りたいのであれば、20歳になるまで我慢しましょうね。

なお、18歳以上の学生といっても高校生ではエントリーは出来ませんので、、学生とはあくまでも「大学生」もしくは「短大生」「専門学校生」となりますので、勘違いの無いようにしてくださいね。

アルバイトをしてない場合は?

バイトをしていない学生は、収入がないので審査に通るか如何にか心もとないだと考えてしまうかもしれませんが、「学生」として申請すれば社会人と比べてシビアな審査はなく、多くの方は審査に通るので心配無用です。

アルバイトをしている場合は、年収を書く欄にアルバイトにアルバイトの収入を書き込むことによって、カードの種類によっては査定に通る確率がより上がります。

アルバイトなどの収入が無いと、貸金業法という法律で「貸金業者は個人クライアントにそれに対しの貸付けを年収の3分の1以内にしなければならない」と定められているため、「キャッシング枠」というクレジットカードを使ってお金を借りる枠を持つ事ができません。

★専門家の得手不得手を知るには、実のところの場合をチェックしたいところですよね。

(銀行系カードの時は無収入でもキャッシング枠を持てる見込みがあります。)

申し込み方法

それでは、安上がりな学生専用クレジットカードへの、契約方法をご解説しておきましょう!どこのカード企業でも、インターネットを活用した「オンラインエントリー」が手っ取り早くで重宝です。

ですが、申込みをする前に、前もってに提供しておかなければならないものもあります

申し込みに必要なもの

申請には、以下の3つのものが不可欠になります。

自身名義の銀行口座、またはゆうちょ口座銀行印と同じ印鑑身分証明書

健康保険証や運転免許証など

1と2は、カードの使用代金を月次自動引き落としにするために不可欠です。

3は、コピーを取ってエントリー申込書と共に配送したり、インターネットでのエントリー時には、スキャンしたり写真を撮ったりして、データの形でアップロードします。

手順

「オンライン加入」は、手を焼く事はないのですから、大人なて入力していけば手軽にに完了する事が出来ますので、懸念事項はありません。

1:カード法人のWEBWebページから申請

2:氏名・住所・性別・生年月日・連絡先などの情報を入力

3:口座振替の設定(引き落し口座を入力)

4:正常に完了すれば、登録メールに受付完了メールが届く

5:カード法人で査定(未成年の事例は親権者の承諾を行なう)

6:我が家宛に簡易書留でカードが到着

7:WEB会員登録を行なう上述の5ステップで、カードの申込みが完了し、カード活用ができることととなります。

普通に、上述のステップで完了しますが、申込み手順が正常に完了しなかった時や、カード法人が必須と決断した事例「本人見極め書類としての学生証」や「口座振替要請書の提示」を求められるケースがあります。

審査後3~5営業日で到着

査定の結果は、登録したメールアドレス宛に「審査結果メール」が送信されます。これが届いたら学生の方が学生専用クレジットカードへ申込む、おおかたの審査はクリアしたと思ってください!「審査結果メール」が届いてから、3日~5営業日でカードが配達されます。

営業日なので、土日を挟むと7日不可欠となりますが、対して混んでいなければそれほど時はかからないと思われるので、気長に待っていてくださいね。

学生クレジットカードを使う際の注意点

リボ払いをしない

普通にカードの入金は1回払いのみで使用するべきで、リボ払い・キャッシング=ローンなので、不可欠性がない限りは使わない方がいいとは考えます。この2つの働きはないよりはあったほうが、お金がピンチの時に助けられるものです。

しかし、何度も言いますがリボ払い・キャッシング=ローンなのでいつもの決済時は使わないというルールを決めておく事が大切かなと考えます。

リボ専カードは解約

すでに知らずに持っていた、使っていたという方は一度、契約要件を見定めして不可欠に応じていつもカードを発行して査定にクリアしてから、要らないなリボ専カードは取り止めしてしまいましょう。

知らずに利息を払っていた、なんてもったいないですからね。必然的に普通カードの査定に通らない事例にのみリボ専カードの申込を行うべきです。ちなみにファミマTカード・JCBEIT・エブリプラスなどがこれに当たります。

明細を見る

ツールを出しているクレジットカード企業もありますので、スマートフォンからの明細見極めも容易になりました。

実際現時点でどれだけクレジットカードを活用していて、今月と来月は各々どれだけの決済が不可欠なのか、見極めましょう。

年齢制限あり

30歳を過ぎて大学に社会人入学をした…とか、放送大学に入学してテレビを使って勉学している…とか、そのような学生は学生でも、多少異色な学生でも学生向けクレジットカードは組み立て可能なのでしょうか?これは心残りながら不可能。

稀に学生の身分であれば何歳でも製作できる学生向けカードもありますが、大抵は30歳以上の方は対象外…といったような加入レベルに年齢制限を設けている事が多々あるので、普通は諦めるしかないです。

そのまま使ってうと?

もしも23歳で大学生になった時点で学生用クレジットカードを取得した場合、26歳になった時点で大学に在学中であっても学生用カードから一般のクレジットカードに切り替えられます。

学生の間に取得した学生用クレジットカードは、卒業してもデフォルトで継続使用出来ますが、卒業と併せて学生特典は無くなります。

よくある質問

使用可能な価格の範囲は?

「手持ちの現金がなくても調達が可能な」のがクレジットカードですが、使用可能な価格の範囲は決められています。

必須になった事例には、カード企業に話し合いしてみましょう。学生専用カードは、一般的に限度額は5万円から10万円です。学生の暮らしの部分として使用するのに不自由ないプライス、またカード使用ビギナー向けに、正しく計画的な使用を促すためにも、このように低めに設定されているようです。

ちなみに、「活用限度額」を使えば家電製品を調達するなど高価使用の予定ができたケースには、使用期間や活用目的限定で即時的にこの活用限度額を引き上げてもらう事もできます。

一括払い/分割払いって?

「分割払い」は、これを2回以上分類して支払う方法。

「2回払い」までは利息(使用代金以外に決済が不可欠になる利率分。手数料のようなものです。)はかかりませんが、「3回(以上)払い」は1回目から必要になるのが一般的です。

「一括払い」とは、1か月間の使用の値段を翌月以降に整理て1回で支払う(カード企業に償還する)手段です。

「分割払い」には、活用する店舗やカード法人によって異なる多様なルールがあり、奥が深いです。余裕に使用可能な印象がありますが、用心が不可欠です。

分割払いの一種でよく耳にする「リボ払い」、これだけは覚えておきましょう。

利用限度額は

手持ちの金がなくても購入が可能なのがクレジットカードですが、使用可能なプライスの範囲は決められています。

「利用限度額」です。

学生向けとされているカードは、大抵限度額が5万円から10万円です。

学生の暮らしの部分として活用するのに不自由ない価格、他にもカード使用ビギナー向けに、正しく計画的な活用を促すためにも、このように低めに設定されているようです。

さらに、家電製品を調達するなど多額使用の予定ができたケースには、使用期間や活用目的限定で即時的にこの活用限度額を引き上げてもらう事もできます。

必須になったケースには、カード企業に折衝してみましょう。

自動引き落とし日にお金がない場合

自動引き落とし日に、銀行預金残高が使用額に満たない状況では、引き落とされません。

(使用代金の局所だけ引き落とされて銀行預金が空になるわけではないです。)支払わずに放置すると、最初にエントリーエントリーに同意した親権者に連絡が行く事になります。加えて後日カード法人から、引き落としができなかった旨と、入金テクニックを通知(催促)する中身の書面が発送されてきたり、電話がかかってきたりします。さらに、一度でも決済が滞ると、カード企業の貴方に対する信用は確実に落ちる事になります。

特に、決済遅延を何度かリピートする、1回だけだとしても3か月ぐらいの遅延、などは即ブラックリスト入りとなり、カードが活用できなくなるだけでなく、支払遅延の事実があった事が信用情報組織に記録されます。

信用情報組織に悪い情報が記録されてしまうと、今後別のカードのエントリー査定に通らなくなったり、今後居宅を建設たりビジネスをとりかかるためなどで銀行からお金を借りたい事例に査定に落とされたり、といった悪影響が出る事があります。

いずれにしても、速やかに支払いましょう。