生活保護を受けている人がクレジットカードを作る方法

生活保護を受給している方は、暮らし上の入金をどれほどのテクニックで、済ませているのでしょうか。

「クレジットカード」の「リボ払い」を使用すれば、月々楽に支払う事が可能なので、高価な品物を買っても暮らしが苦しくなる事はないでしょう。

さらに「キャッシング」が活用可能なら、突然のコストでもお金を用立てる事ができるです。

けども、生活保護を受けていると「クレジットカードは持てない」と考えますので、非常に不便ですよね。

ところが、生活保護を受給している方でも「カードホルダー」になれる「クレジットカード」が影響しているのです。

「そのクレジットカードの正体は?」「申請手段は如何にするのか?」採り上げるのは、生活保護を受けている方を対象とした「クレジットカード」情報をお発送します。

「生活保護」の方は「クレジットカード」は持てない!?

一番目に「生活保護」を受給している方は、「クレジットカードを持つ事が出来ない?」この事を検証してみましょう。

査定落ちのきっかけ!「安定した収入要件」がネックに!?

「生活保護」を受けているステータスで「クレジットカード」を申込んでも、査定は確実に落ちます。

それは「クレジットカード」の申込前提が「安定した収入がある人」となっているからです。

「生活保護」を受けている人は、収入が無いから扶助金を受取っている訳なので、100%「安定した収入」と言うものは「社会的には無い」とされています!ですから、クレジットカードの査定以前に、エントリー自体が出来ないのです。

「生活保護」を受ける前に取得したカードも無効に!?

では、生活保護を受ける状況になる前に、取得していた「クレジットカード」は、デフォルト使用ができるなのでしょうか。

例え、生活保護を受ける前に取得した「クレジットカード」であっても無効となってしまいます。

とは言っても「クレジットカード法人」から返還の要求などは無いので、使用する事はできるです。

ですが「クレジットカード」を活用している事が役所に判れば、生活保護の受給を止められる懸念が大いにあります!ですから、事前に取得している「クレジットカード」であっても、使用する事は止めた方が良いですよ。

部分Webページでは、「バレなければ問題なく使用できる」などと、他人事の様に書いていたり、生活保護受給者自らが、「クレジットカードを活用する手法を教えて望む」などの質問が寄せられています。

以降の話を進めるにあたっても、次の点について把握して頂かないといけませんので、ちょっと紹介しておきましょう。

「生活保護受給額」は最低限の暮らし費!贅沢品は買い物できない!

生活保護は「生活保護法」に規定されている法律に従って運用されています。

目的としては「経済的に困窮する国民に反対に、国や市町村が、健康的で文化的な最低限度の暮らしを保障する為に支給する」となっています。

この、「最低限度の暮らし」の見方が個人によって解釈に相違がある為に、色んな問題が起きているのです。

「クレジットカード」の所持、使用についても問題の中の1つになっています。

「クレジットカード」でショッピングする物は贅沢品になる!?

最低限度の暮らしと言う枠内では、生活保護費で贅沢品を買い物する事は出来ません。

生活保護者には、いつもの暮らし費以外の余分なお金は支給されていないので、贅沢品は買い物する事は出来ないはずなのです。

つまり、月々に暮らしする為に不可欠な物は、全部支給される値段内でないといけないで、「月賦」や「分割」で決済を行なう行為自体、出来ないと言う事がベースなのです。

「生活保護者」への支給中身最低限の暮らしとは、法律的には具体的に、どんな暮らしを言っているのでしょう?生活保護へ支給する事を「扶助」と呼ぶのですが、以下がその中身です。

  • 医療扶助:国民健康保険の適用が外されるので、病院にかかったケースはその経費が支給される。病院へのタクシー代も内蔵されるが地方により差がある。
  • 生活扶助:普段生活に不可欠な暮らし費が支給される。
  • 教育扶助:保持者の児童が義務教育を受ける為の経費が支給される。
  • 住処扶助:家賃や地代を支払う為のコストが支給される。住まいの補修費も支給対象となっている。
  • 介抱扶助:要看護または要支援と認定された人に反対に必須な総額が支給される。
  • 分娩扶助:防護対象者の分娩経費として支給されるが、児童福祉法の入院助産システムが優先されるので、生活保護での分娩経費の対象は我が家分娩などに限定しれる
  • 生業扶助:就労の為の支度コストが支給される。高校の学費が該当する。
  • 葬祭扶助:生活保護が葬祭を行なうときの出費が支給される。だいたい葬儀経費が該当する。

上述8種類が生活保護で支給対象となるものです。

この中で「クレジットカード」を使用して購買する物は、「生活保護」に内蔵される日用生活品となる訳ですが、支給は全部現金で行なわれる為、支給された現金で購買する事がベースとなります。

生活保護は思ったより手厚い支給以上のように生活保護の支給は、思っている以上に手厚い支給となっているのです。

現実として、値段的には少々のゆとりが出てくる時もありますので、月々3000円程度のリボ払いだと支払う事はできるとなります。

けれども、クレジット(後払い)は「ローン」になるので、認められる事はないのですから、「クレジットカードの使用は出来ない」と言う訳なのです。

生活保護の方のお金は、クレジットと同じ理屈でダメ!

では、生活保護を受給している人が、貯えをしてアイテムを買い物する事は問題ないのでしょうか?これが問題ないのであれば、クレジット(後払い)も、理屈的にできるになるのではと考えますよね。

先にも解説しましたが、生活保護の支給は「最低限の暮らし」を保障するもので「豊かな暮らし」をする為に、至急されるお金ではないのです。

なので「貯え」と言う考えは、生活保護を受けている方には、当てはまらないのです。

「生活保護受給者」は、余った金は返却する義務がある!

「お金が出来ないなんて、人並みの暮らしをするなと言う事なのか!?」こうして憤慨される人も中にはいらっしゃるでしょう。

ただし「生活保護法」の中には、次のような生活保護受給者の「義務」が記載されているのです。

  • 譲渡禁止:維持受給の権利は、他人に譲渡出来ない
  • 暮らし上の義務:勤労に励んだり、支出の節減を行なうなど、暮らしの維持、向上に努める事
  • 届出の義務:収支、支出など暮らしの状況に変化があった時は、速やかに実施期間等へ届出を行なう事
  • 指示等に従う義務:実施組織が行なう指示や指導には、従わなければならない
  • 出費返還義務:通常暮らし費に重宝する資力があったにも関わらず維持を受けたケースは、その金品に相当する値段の範囲内において定められた値段を返還しなければならない

貯えは、上述の規定が言っている「届出の義務」と「経費返還義務」に反すると解釈される事になります。

暮らし向上に努めるというニュアンスは「就職して安定収入を得て生活保護から脱して下さい!」との趣旨です。

生活保護を受けながら「いい暮らし(豊かな暮らし)を目指そう」という解釈ではないのです。

貯えは通常生活費に機能面で優れた財源であると認定されますので、判明すれば貯えしたプライス分は、暮らし扶助から差引かれてしまいます。

結局、生活保護費から「余分なお金」を捻出する事は、出来ない仕組みになっているのです。

言うまでもなく黙っていれば、直ぐには判りませんが、財産状況の検証で役所の立ち入り検査を受ければその場で判ってしまいます。

その上「クレジットカード」を活用すれば、活用履歴は個人信用組織に登録されるので、証拠として残ります。

ケースワーカーが生活保護者の開示請求を行なえば、一瞬でばれてしまいますね。

「クレジットカード」を使用したら、支給は直ぐ止まる!?

万が一生活保護の方が「クレジットカード」を活用している事が判明したら、生活保護の支給は直ぐにでも止まってしまうのでしょうか!?実のところには、支給が直ぐ止まる事は無いでしょうけども、役所からそこそこの処置は受ける事になると考えます。

ケースワーカーが「クレジットカード」を保管する

おそらく最も多々ある処置は、ケースワーカーが「クレジットカード」を預かる事になると考えます。

この処置には厳密な規定がないので、各市町村によって扱っては異なり、なおは、担当者の見解に左右されるでしょうね。

ただ、ローンは受給者の生活を「また困窮させる要因」である事は確かなので、容認する事とは無いと考えます。

「クレジットカード企業」から見た生活保護者とは!?

「クレジットカード法人」の商売としての観点でみれば、生活保護を受給していても「返金アビリティー」があれば、ユーザーとして見る事は可能なでしょう。

ただし、生活保護受給者は「ベース無職なのです!」仮に収入があったとしても、「最低の暮らししか出来ないレベル」ですから、返金技術は「0」とみなします。

生活保護を受ける前の金融事故が露呈する事に

生活保護者の方が「クレジットカード」を申込むとすれば、職業は「無職」で申請するしかないのです。

万一、「パート・アルバイト」と偽って申込みを行なっても査定時に絶対バレます。

勤務先への在籍検証で完璧アウトですし、仮に誰かに頼んで、嘘の在籍見定めを行なったとしても、信用情報機構への検証で完璧にアウトでしょうね。

  • 暮らしに困窮している人は、ほぼローンの経験がある
  • 自己破産、債務整頓などローントラブルで「とても悪いクレヒス」になっている

100%とは言いませんが、高い確率の方がお金的なトラブルの末に、生活保護を受ける事となっているはずです。

なので、そんなにの方が過去に金融事故を起こしているでしょうから、信用情報機構へ解説された時点で完璧にアウトとなるのです。

つまり、今現在の社会体系において「生活保護」を受けている方は「クレジットカード」を用意する事も、使用する事も出来ないのです。

生活保護の方が持てる「クレジットカード」はある?

現代はカードご時世なので「クレジットカード」が無いと、購買する事の出来ないアイテムも増加してきています。

最低限の暮らしを営む上で、必須なアイテムを「クレジットカード」で買い物やりたい場面がある事も事実です。

そんな訳で、生活保護を受けている方でも取得可能な「クレジットカード」をご解説しましょう。

「デビットカード」なら生活保護の方でも心配なしです

現在まで、さんざんと生活保護を受けている方は「クレジットカード」を使用する事は出来ない!と言ってきたのに、今度は「役に立つ」と言うのには訳があるのです。

「VISAデビットカード」なら「国際ブランド」のVISAが活用可能なので、オンラインお店でも決済ができるとなります。

「VISAデビット」には、幾つか種類がありますが、全部が銀行の発行するカードとなります。

厳密には「クレジットカード」ではないのですが、「国際ブランド」のVISAがついているので「VISA所属店」なら世界中どこでも活用できるです。

銀行口座と直結して、口座から即時払いとなるので、口座に残高が必須です!「デビットカード」なら、クレジット(後払い)では無いので「ローン」にはなりません。

「国際ブランド」がついているので、いつもの「クレジットカード」と移ろい無く使用する事が可能なのです。

これなら、カード決済が不可欠な買物も「ローン」をしないで、購買する事ができるとなりますので、生活保護を受けていても発行してもらえるカードなのです。

年会費無料の4枚のお薦め「デビットカード」

それでは、生活保護を受けている人に、お薦めな「デビットカード」を解説しましょう。

JNBVisaデビットカード

ジャパンネット銀行が発行する「VISAデビットカード」です。

年会費・発行手数料とも無料で、査定もなく15歳以上であれば使用できるなカードです。

ジャパンオンライン銀行の口座開設が不可欠となりますが、オンラインバンクなので相当役立つですし、カード活用で「T要点」を貯めて活用する事も出来ます。

あおぞらキャッシュカード

加味あおぞら銀行が発行する「VISAデビットカード」です。

あおぞら銀行の口座を開設する不可欠がありますが、インターネットでも申込めるので、近くに支店などが無くても平気ですよ。

買い物使用額の0.25%を口座にキャッシュバックしてくれます。

無論、年会費も加入金も無料です。

スルガ銀行デビットカード

スルガ銀行が発行する「VISAデビットカード」です。

加入金・年会費は無料で、スルガ銀行で無くてもコンビニATMにて、無料でチャージする事が可能なので、相当重宝です。

支店独自のサービスがあるので、自身にお薦め合った支店をチョイスしてで申込みが可能なのもチャームポイントですね。

さらに、24時オペレータが扱ってしてくれるバックアップも満喫しているので、心配無用可能なカードですよ。

ゆうちょ銀行デビットカード

ゆうちょ銀行が発行する「デビットカード」です。

ゆうちょ銀行の口座開設が不可欠で、キャッシュカード一体型として発行されるカードで「VISAデビット」では無く「J-Debit」なので「国際ブランド」のカードではないのです。

他のカードと同じく、年会費も手数料も無料で全国45万ヶ所以上の加入店があるので、日本国内であれば「国際ブランド」でなくても、問題無く活用する事が出来ますよ。

以上の4枚が年会費無料で申込める「デビットカード」です。

これらのカードであれば、生活保護を受けている方でも活用する事が可能なので「クレジットカード」でのアイテム買い物もできるとなるのです。

「クレジットカード」を活用するなら生活保護から脱出しよう!

必然的に「クレジットカード」を活用やりたいのであれば、生活保護受給から脱出すれば誰にも気兼ねせずに「クレジットカード」を使用する事が出来ます。

現況で「クレジットカード」を使用すれば不正受給に該当

繰り返しになりますが、生活保護を受けている方が「クレジットカード」を使用すれば、不正受給に該当するとみなされますからね。

  • 法的に、カード使用の禁止規定は無いですが、申告の不可欠があります
  • 申告をしなければ、不正受給に該当します
  • 申告義務違反で文書指導、悪質な活用と決断されれば停止もあり得ます
  • クレジット(後払い)は「ローン」とみなされるので活用出来ません

生活保護を受給している方が「クレジットカード」を使用やりたい本心は、「キャッシング」にあると考えます。

「クレジットカードが望む!」と、お願いしている全くの方が「キャッシング」を活用して現金を得ようと考慮しているでしょう。

当然、生活保護の現況から脱出しようと一生懸命前向きに努力している方も、大勢いらっしゃいます。

「クレジットカード」企業の査定を甘く見てはいけません。

実のところに顔を合わさなくとも、情報だけで生活の状況やお金の使い方を見抜いてしまう専門家なのですから!安易な手法を心積もりずに、前向きに努力して行きましょう。

「カード」でのアイテム買い物は「デビットカード」で十分!

生活保護を受けている方で、必然的に「クレジットカード」でアイテムを買い物やりたい時は「デビットカード」を活用すれば心配なしです。

いつもの「クレジットカード」を活用する事は、実際の生活をさらに苦しくしてしまうきっかけになってしまいますよ。

今度ご解説した、年会費無料の「デビットカード」の使用を推奨しますので、ご見定めしてみてくださいね。